Welcome to kuroimatome

Re; Start
スマートフォンの方は右上のメニューもどうぞ。

黒いまとめーゲーム速報ー

13
2016  03:15:37

【MH4】レウス「空の王者になりたい…」レイア「はあ?」

1:2014/11/18(火)22:06:16 ID:
※コピペです
レウス「滞空中の攻撃が俺の特長の筈なのに…滞空してるだけのクソモンスとか羽根折ったら先生以下とか空の王者(笑)とか言われるしさ…んでもって最近は空の王者の座をセルレギオスとかいうモンスターに奪われるし…」

レイア「そこまで鬱にならなくても良いんじゃない?」

レウス「ううっ…俺はっ…俺は良モンスターになりたいんだ!!」
レイア「なら提案があるわよ」

レウス「?」

レイア「今からプレイヤーから『良モンス』って呼ばれているモンスター達に会って、話を聞きましょうよ。もしかしたら、自分の戦い方に何か思う事が見つかるんじゃない?」

レウス「!、良い案だな!流石俺の妻だ!」

===

イヤンクックの場合~

クック「二人ともお揃いで、どうかしましたか?」

レウス「よ…お、クック、少…し聞きたいことがあってな…」

クック「!?、レウスさんボロボロじゃないですか!?どうかしましたか?」

レイア「道中、紫髪のハンター(※私です)が大剣振り回して此方に向かってきて…」

レウス「大剣だから…と思って放っておいたら、ジャンプ攻撃してきた…」

レイア「そんなこんなで二人で逃げてきたのよ…」

クック「は…はあ…、で、聞きたいこととは?」

レウス「良モンスってお前呼ばれているだろ?秘訣を教えてくれ」

クック「えっ、そんな意識していることはありませんよ(汗)」

レウス「そうか…」
2:2014/11/18(火)22:09:08 ID:
ナルガクルガの場合

ナルガ「お前らか」

レウス「よ、よぉ…(なんか怖い)」

ナルガ「どうかしたか?」

レウス「えっ…と。お前って戦うときのスタイルって良モンスなの?」

ナルガ「は?(何しゃべってんのこいつ)」

レイア(訳すると、「良モンスってお前は呼ばれているが、どんな攻撃をしているんだ」よ、緊張してるっぽいわ)

ナルガ(なんだ…そうならそう言えばいいのにな)「俺の攻撃に、一撃で体力を持っていくようなものはねぇよ。素早い攻撃を連続で仕掛けて、ハンターの体力を奪っていく。俺の攻撃スタイルはこれに限るな…ただ、少しスキがあるとあいつらはすぐ連続攻撃の雨から逃げ出して、反撃に走りやがるんだがな…」

レウス(連続攻撃か…)「おう、なんか分かった気がする。ありがとな。」

ドサッ(ケルビの肉を渡す)

ナルガ「悪ぃな。俺は自分の狩った敵しか食しない主義なんだよ」

レウス「(・ω・`)」
8 名前: 名無しさん 投稿日:2014-11-15 16:05
まさかレウスが素早い連続攻撃をしようと...?(自らクソモンスになろうと言うのか...)

9 名前: 名無し様◆fKIbst7gF4 投稿日:2014-11-15 16:06
これを聞いたレウスは滞空からの連続攻撃により更にクソモンスになるのであった
3:2014/11/18(火)22:13:55 ID:
レウス「道中に、ハンターが俺の連続攻撃反対してるんやだけど」

レイア「うーん、じゃあ次はティガレックスさんのところに行きましょ。」

===
ティガレックスの場合

ティガ「ポポ肉」

レウス、レイア「は?」

ティガ「ポポ肉5個で良モンスの秘訣を教えてやるよ」

レイア「私が取ってくる」

レウス「お前、雪山だぞ?寒くないのか?」

レイア「忘れてない?私は"陸の女王"どんな地面だろうが気候だろうが平気よ。」

レウス「おお、じゃあ任せたぞ!(そういえばレイアは糞モンス言われないな…)」

ティガ(陸の女王と気候は関係ない気がする…)

===
レイアが去っていった後

ティガ「お前、そこまで無理する必要ねぇんじゃないのか?」(今だ!俺の株を上げておこう)

レウス「…」

ティガ「それぞれどのモンスターにも苦労ってもんがあるんだ。俺だって最初は"脳筋""うわこっちみんな"とか言われてたんだぜ?」(お前程ではないがな)

レウス「え…?」

ティガ「ハンター達も、お前の良さに気がつくさ。お前は大空を制する者、"空の王者"なんだから。」(しかし空の王者(笑)である)

レウス「ティガ…」ウルッ

ティガ「ただ、ワールドツアーはウザい」(ヤベッ本音滑っちゃった)

レウス「(´;ω;`)」


レイア「ただいま。」
4:2014/11/18(火)22:17:43 ID:
レイア「ウザい言われただけで泣かないの…」

レウス「ううっ…」

レイア「ほらっ!あそこに渓流が見えるわよ、ジンオウガさんに相談したら?」

===
ジンオウガ「よ、よう」

レウス、レイア「…?」

レイア「なんでびびるの?」

ジンオウガ「じ、実はクックに」

(クック「君!君はなんでいつもいつも雷を落とすのかね!」

ジンオウガ「違うっす俺違うっす」

クック「言い訳無用ーーー!!」

ジンオウガ「!!」

クック「とりあえずお前の角食う」

ジンオウガ「や、やめろーーーーーーーーー」

アルセルタス「あの人頭おかしいィww」

ゲネル・セルタス「そんな事言うのではありません!」

ジンオウガ「しくしく」)


ジンオウガ「ってことがあっな。しばらくほっといてくれ」

レイア、レウス「いいよ」
5:2014/11/18(火)22:20:31 ID:
レイア「結局ジンオウガさんに聞けなかったわね…」

レウス「次は誰に聞こうかな」

ティガ「思いきって古龍とかはどうか?」

ナルガ「ここから遠いぞ…やめた方が良いだろう。」

レウス「なんでお前らいるの」

===

レイア「ラーさんに聞いてみましょうよ。」

レウス「そうだな、ラージャンさんなら知識豊富だし。」

レウス「けどやっぱ聞けねぇ~激昂してるし・・・」

レイア「別に大丈夫よ雌がいる前で荒々しい態度とるような方じゃないから。」

レウス「そ、そうだよな。」

レウス「あの、ラージャンさん俺が良いモンスになるにはどうすれば?」

ラージャン「んー、そうだなー、超離れた所からブナハ挙動で毒爪攻撃を仕掛けないのと毒やられにしたあとすぐにブレス使って属性ハメをしない事この2つに尽きるかなー。」

レウス「ありがとうございます!」

ラージャン「気にしなくていいよ。困ってる方が居る時は助けるのはどの世界でも共通だから!(^∀^)」

レウス「良い事を聞いたお礼に今度飲みにでも行こうよ。」

ラージャン「おっ!マジ!?楽しみにしてるよ!」

レイア「あなた、飲みすぎないようにね?www」

レウス「知ってるw」
6:2014/11/18(火)22:26:03 ID:
レイア「ラージャンさんからもいい話が聞けたわね」

レウス「次はどうするか?」

ナルガ「俺に提案があるぜ」

レウス、レイア、ティガ「?」

ナルガ「お前は空の王者だろ、同じ"王者"の別名を持つやつに聞けば良いんじゃないか?」

レイア、レウス「あいつか!」

ティガ「誰?」

===
ボルボロス「沼の王者の私をお呼びか(((」

レウス「はっ?」

===

ラギアクルスの場合

レウス「と言うわけで大海の王者ラギアお前に相談しに来たんだ。」

ラギア「風圧と属性ハメで人気が落ちているんじゃねえか?」

レウス「やっぱり皆同じ事か…」

ラギア「あと他にもあるぞ>>39とか>>40とか、あと>42も原因だと思うぜ」



39 名前: 名無しさん 投稿日:2014-11-15 21:15
怒り咆哮から固まったまま先制火球
41 名前: 名無しさん 投稿日:2014-11-15 21:30 エリアの隅に追い詰めてからの突進やブレスさらに尻尾ビンタを使った壁ハメ行為
42 名前: 名無しさん 投稿日:2014-11-15 21:45
お前の頭装備だせえんだよ
7:2014/11/18(火)22:27:00 ID:
レウス「ううっ」

レイア「沢山あるわね…」

ティガ「まずは怒り咆哮かな」

ナルガ「怒り咆哮からの行動はブレス以外のランダム攻撃で、咆哮から攻撃までの時間を少し長くするってのは?」

レウス「いいな」

レイア「何故か40が消えてたから、41の壁ハメについては…」

レウス「…出来るだけエリアの中心で戦います、ハイ。」

ラギア「頭装備は加工屋の責任だな。」
8:2014/11/19(水)17:15:05 ID:
レウス「アカムの兄貴ちょっと自分の愚痴を聞いてもらっていいっすか?」

アカム「んだテメェ俺に愚痴とはいい度胸だなぁ~お前にしては珍しいじゃねーかよいいぜ聞いてやるよ(俺もウカムぐらいしか話相手いないしなぁ~)


レウス「俺の装備はなんで誰も使ってくれないんすか?」


アカム「お前の装備?レウスシリーズを?誰が使うの?あんな糞装備?お前の上位やG級の装備なんか頭と胴と脚だけで十分なんだよ」

レウス「(T . T)そうですか~(T . T)では俺は何故糞モンスなのか教えてくれませんか?」

アカム「何故お前が糞モンスなのかって?そりぁ俺みたいに素材が高い訳でもないしあとお前のレア素材出にくいんだよ報酬枠も乏しいしウカムも同じこと言うと思うぜ」

レウス「ではレア素材を出せば良モンス言われますかね?」

アカム「古龍の装備作る時お前のレア素材が必要なんだよ~俺のもだが^^;とにかく良モンス言われたいなら自分なりに努力をするんだな」

レウス「ありがとうございます兄貴」

===

レウス「なんか俺、色々分かった気がする…」

レイア「かなり攻撃が制限されるけど、そこは体力でカバーね。」

ティガ「次はどうする?」

ナルガ「次はシャガルさんに聞こうぜ。」

???「やめた方が良いと思いますよ~センパイ~」

レウス、レイア、「お前は!」

ラギア、ナルガ「誰?」

ティガ「てめぇかよ!」

セルレギオス「あいつは前、ハンターに殺されましたよ。今聞くならゴアだけ、病気になりたいならどうぞ?」

レウス「てめぇ…前はよくも俺のレイアを!!」

ティガ「よくも俺が狩りをしてる時に乱入しやがったな!」

オウガ「俺も邪魔された」

ナルガ「オウガ久しぶり」
9:2014/11/19(水)17:16:38 ID:
レギオス「なんですか?喧嘩を売ってるんすか?ww」

レウス「っ!…」

ナルガ(どうする?このままじゃ…)

ティガ(安心しろ。いざと言うときのためにブラキとクシャル先輩を呼んできた。)

オウガ(でも、ここって砂漠だぜ?あの二頭が来れんのか?)

ラギア(オウガ、お前が砂漠まで来れるのなら大丈夫だろ)

レイア「レウス、取り合えず撤退しましょう。」

タッタッタッ…
ブラキ「先輩方!!応援に参りましたよ!!」

クシャル「あまり無用な争いは好まぬが…この古き龍の風と力、思い知らせてやる。」

レウス「ありがとう!!」
バサッ(空を飛ぶ)

レギオス「ふんっ…逃がしませ…っうぅ!?」
ボカンッ
ブラキ「悪かったな、粘液を仕掛けておいた」

クシャル「ヌシの翼は暫く直らんだろう。」

レギオス「くっ…」
10:2014/11/20(木)21:06:00 ID:
レウス「さて、どうしようか…」
レイア「もっと聞いた方がいいんじゃない?限られたモンスターだと個々の偏見も見られるし…」
レウス「だな」
ティガ「時間がねぇぞ!一気に聞いていこう!」
オウガ「でももう夜だぜ?」
レウス「俺は大丈夫だ!」
===
ジョー「zzz」
レウス「ジョーさん?起きて下さい」
ジョー「zzz」
レウス(しょうがないなぁ)
グギャァァァァ!
ジョー「何だ レウスじゃないか 今は眠いんだ…」
zzz
レウス「ジョーさん起てぇぇぇ!」
ティガ(おいオウガ お前の雷で起こせよ)
オウガ(ちっ また俺かよ…しょうがねぇ…)ウオオオオオーン!バチバチッ!
ジョー「グエエエエエ!背中がぁぁ!」
オウガ「すまない…」
ジョー「何だ!お前ら!俺を怒らせに来たんか!?」
レウス「違いますよ どうすれば良モンスになれるか聞きに来ただけです…」
ジョー「あぁ?んな俺は獣竜だぜ?お前らとは種族か違うんだよ」
レウス「兎に角教えて下さい…」
ジョー「ったく…まぁ一つ言うぞ…」
レウス「…」
ジョー「いい加減ホーミング毒キックやめたら?」
レウス「え?それだけっすか?」
ジョー「あ?お前食い○すよ?^∀^」
レウス「すんません…」
ジョー「まぁ、他をあたってくれ…あ、そういや最近、ミラ兄弟が暇らしいからそいつらに話聞きに行ってきな…」
レウス「分かりました…」
ジョー「御免な…力になれなくて…」
レウス「良いですよ!じゃあ達者で!」
オウガ(シュレイド城行くのかよ…)
ティガ(確かシュレイド城には…)
11:2014/11/29(土)09:03:05 ID:
5 :名も無きハンターHR774@\(^o^)/:2014/10/11(土) 23:26:57.83 ID:2zls1eRf.net
潰すべき無断転載アフィブログ
モンハンまとめ集会所
http://monhan-syuukaizyo.doorblog.jp/
モンハン2chまとめ速報
http://www.mh4gch.com/
モンハン攻略.COM
http://monhancom.blog.jp/
もんはん!
http://monhang.net/
モンハンまとめG
http://mhmatomeg.com/
12:2014/12/05(金)20:08:58 ID:
すげえ>>1が頑張ってることは分かる
13:2014/12/05(金)20:09:53 ID:
>>12そしてコピペということが分かる
14:2014/12/06(土)22:57:12 ID:
シュレイド城…

レウス「さて、シュレイド城についたぞ」

ボルボロス「私の住処を荒らしにきたのか!」

レウス「いや、もぅボロスさん帰ってください」

ボルボロス「(´・ω・`)出番くれたっていいじゃない」


本題

レウス「さて、シュレイド城についたぞ」
レイア「ごめんくださーい」
レウス「ん?なんか騒がしいな…」
ボレアス「やぁやぁ、こんな所までどうしたんだい?」
レウス「いやぁ、良モンスになるためにはどうしたらいいのか聞きに来たんですよ」
ナルガ「なんでこんな騒がしいんだ…俺は騒がしいのは嫌いだ…」
ボレアス「ごめんね~、かあちゃん(ルーツ)が弟(バルカン)を怒ってるんだよ」
ナルガ「そうか…なら仕方ないな」
レウス「んで、良モンスになるにはどうしたらいいのでしょうか?」
ボレアス「今のままでもいいと思うけどね~」
レウス「そうですか?」
ボレアス「まぁ言うなら生物離れしたホーミング毒爪とすぐ飛ばない事をなくす事かな~」
レウス「けど飛ばなかったら空の王者じゃなくなりますし…」
ボレアス「大丈夫、海の王者なのに陸に上がったりする奴もいるからね~」
レウス「そうですね、ありがとございます」
レイア「お話は終わったようね」
レウス「おう」
レイア「所で、オウガとティガ見なかった?」
オウガ&ティガ「お…俺達ならここに…いるぜ…ガクッ」
ボレアス「…後でルーツとバルカンの事しかっときます」
レウス「あ…はい」
ボレアス「んじゃ、ばぁ~い」
レウス「さようなら~」

レウス「…ボレアスにも聞いたけどまだ他にも聞いて見た方がいいかもしれないな」
レイア「そうね、アマツさんに聞いたらどうかしら」
レウス「そうするか」
オウガ「霊峰までの道のりなら任せてね」
レウス「おぅ頼んだぞ」
15:2014/12/06(土)22:58:09 ID:
テスカト夫婦の場合

ナナ「そうねぇ…」

テオ「我ら一族と同じ火属性だが…あまり助言はできないな…すまん」

レウス「そうっすか…」

テオ「そういえば、ナナ、例の者を出せ。」

ナナ「ああ、分かったわ」

ドサッ
テオ「ブラキ君にお礼だ、渡しておいてくれ。」

ティガ「ブラキに?」

テオ「爆破属性という属性に少し興味をもってね、ブラキ君に頼んで、伝授してもらったんだよ。」

レイア「分かりました、渡しておきますね」

ナナ「レイアさんたち、最近火山では生態系が乱れているわ、気を付けてね。」

レイア「はい」

======

レウス「伝授…か。はっ!?」

ナルガ「どうした?」

レウス「俺もブラキに爆破を教え「やめろ」
16:2014/12/06(土)22:59:25 ID:
57 名前: 名無しさん 投稿日:2014-11-16 02:30 ID:LYE7uUvb
凍土にて

ティガ「さみぃ…」

ナルガ「?、お前はいつも凍土に居るだろう」

ティガ「ポポ肉の為だ、かなり寒いの我満してるんだよ。」

レウス「凍りそう…」

レイア「あら、ウルクススさんだわ」

ウルク「あ、皆さんお揃いでどうしたんですか?」

レイア「かくかくしかじかで教えて欲しいのよ。」

ウルク「うーん、少し皆さんとの観点がズレてしまいますけど。」

レウス「いや、大丈夫だ」

ウルク「もう少し体力を着けた方がいいんじゃないでしょうか。」

レウス「体力か…」

ティガ「確かに、体力を着ける+毒キックと怒り咆哮ブレスの廃止でかなりの良モンスになるな」

レウス「ウルクスス、ありがとな!」

レイア「ジンオウガさんは…?」

ナルガ「一人で霊峰に行っちゃった」
17:2014/12/06(土)23:00:06 ID:
オウガ「おい、アマツのババァ どこに居る?」
アマツ「ババァじゃないわ!俺、男何ですけど!?」
オウガ「まぁ、そんな事はどうでもいい、貴様、レウスが良モンスになるにはどうすればいい?」
アマツ「今の開発全員皆殺s…」
オウガ「やめろ お前馬鹿か?」
アマツ「すまねぇ、んで本題は何か?」
オウガ「お前、マジ馬鹿だな レウスが良モンスになるにはどうすればいいかだろうが」
アマツ「すまんね 俺最近出演させて貰ってなくてイライラしてるとこ」
オウガ「早くしろよ…」
アマツ「良いこと思いついた!」
オウガ「何だ?」
アマツ「翼を破壊したら、一定確率で落ちてくるっつうのはどうかな?」
オウガ「それも良いかもしれんが…」
アマツ「何を言う、グラビだって翼壊したら、落ちたではないか!?」
オウガ「まぁな…じゃあ、俺はレウスの所へ帰る…」
アマツ「あ、今レウスから連絡あったで」
オウガ「何?」
アマツ「今、レウス達、天空山に居るらしいで!」
オウガ「ほう…それは好都合だな…おいクソアマツ、俺を乗せて天空山まで行け」
アマツ「酷ぇよ…酷ぇよ…」
オウガ「早くしやがれ…」
18:2014/12/06(土)23:01:06 ID:
天空山
レウス「うわぁ…俺ここ嫌い…変な空気だし…」
レイア「何でかしら…シャガルさんは死んだはず…」
???「それはこういう事だ!先輩!」
レウス「え?誰?」
渾沌ゴア「俺だ!ゴア・マガラだよ!」
レイア「え…」
レウス「ゴ…ゴア?」
渾沌ゴア「ちょっと脱皮に失敗してねぇ~こんな姿になっちったの~」
ティガ「怖い…レウス助けて…」ビクビク
レウス「どうしたの?ティガ?」
渾沌ゴア「あ!そいつは!」
4のOP…
ティガ「もう逃げねば…」
ゴア「ヒャッハァ!!」
グキッ!
ティガ「お…い…誰だ…よ」
渾沌ゴア「あぁ!あの絶対強者()君か!」
レウス「ねぇ、ゴア もう本題に移っていい?」
渾沌ゴア「良いよ!」
レウス「俺が良モンスになるにはどうすればいい?」
渾沌ゴア「理不尽な攻撃を無くせば良いと思うよ!そこにいるレイアちゃんとか絶対強者()君みたいに!」
ティガ「もう止めて…」
オウガ「お、お前ら居たのか」
レウス「オウガ来てたの?」
渾沌ゴア「うわぁ…知らない来たー」
オウガ「…」
レウス「そういやお前どうするの?」
渾沌ゴア「いやぁ、このままでいるよ 良モンスって名の声も多いし!」
レイア「何でシャガルさんはあんな理不尽に…」
レウス「ま!色々ありがとう!」
渾沌ゴア「じゃーねー!先輩!」
レイア「ゴア君、可愛いわね」
レウス「な、今まで見てきたメインモンスターの中でも一番可愛いと思う…」
レイア「次は何処に行くの?」
レウス「さぁね…まぁ旧砂漠あたりでも…」
レイア「いいの?あそこは大抵糞モンスばっかりよ」
レウス「別にいいよ!行こう!」
19:2014/12/06(土)23:01:43 ID:
そんでもって天空山から飛ぶ事3時間
レウス「ふー、ついたー。あちぃなー。」

レイア「もう11月なのにここはまるで真夏みたいね。」

レウス「あ!いいところに虎ザボアがいるじゃん!」

レウス「おーい!虎ザボさーん!」

虎ザボ「ん?どしたん?」

レイア「実は旦那がいろんなハンターから糞モンス扱いされてて・・・それで良いモンスになる方法を教えてほしいって。」

レイア(こんな糞モンスが今の良くなってきた旦那にアドバイスしたら逆効果だわ。)

レウス「何か良い方法あるか?」

虎ザボ「そうだな、俺もいつも自分の反省点と思うんだけど。狭いエリアや
段差だらけのエリアで長時間戦ったりしないって方法が良いと思う。」

レウス「あー、確かに天空山でも俺高い段差が沢山ある場所とか狭い所で戦ってたなー。」

虎ザボ「でしょ?だからあまり長く同じ場所で戦わないのが一番だと思う」

レイア(あ、良かったー、頭の悪い糞雄鮫でもちゃんとした答え方してくれたー。)

レウス「ありがとう!さて次は地底洞窟でも行ってみるか。」
20:2014/12/06(土)23:02:34 ID:
レウス「なんかさ」

ゴア「?」

レウス「俺の我が儘で密林や雪山、さらには溶岩島やシュレイド城跡地、色々な所に旅に行ったよな…」

ティガ「ああ。」

ナルガ「最初は面倒くさいと思ってたが、今になっては様々な場所に出掛けて、楽しかったな」

ラギア「俺もだよ」

ブラキ「俺もっす!」

クシャル「わっ…我もだ…。」

レイア「私も楽しかったわよ」

レギオス「あ、みなさ~ん、ってなんだよこのゴアマガラめっちゃくちゃな色してやがるうわこわいこっちみんn「てめぇは帰れ」

オウガ「おーい、戻ってきたぞー」

==============

オウガ「…だとよ」

レウス「ありがとう!」

オウガ「あと、あいつからお前に伝言だ。」

レウス「?」

オウガ「『オオナヅチには聞かないのか?あいつは最近暇だから話に乗ってくれるだろう。』ってさ。」

ナルガ「原生林か。」

ラギア「泳げるの!?ねぇ、泳げる?」

ティガ「残念だがラギア、水没林とは違って水が浅ぇんだよ」

ラギア「そうか…」

ブラキ「雨が降ってるんすか?粘液が溶けるのであまり…」

レイア「無理する必要はないわ。そうだ!あなたもオウガさんみたいに、別のモンスターに聞きに行くのはどう?」

ブラキ「ああ、んじゃあ俺は凍土でベリオロスさんに聞きにいくっす!」
21:2014/12/06(土)23:03:51 ID:
原生林
ナズチ「ねぇ、私って可愛いと思う?」
グラビ「は?キモいに決まってんだろ?」
ナズチ「そうなの…」
グラビ「まぁ安心しろ 話相手が来るはず…」

レウス「原生林って湿気多いなぁ…」
レイア「仕方ないわよ…」
ナズチ「あ!居た!レイアさーん!」
レイア「あれ?どこからか声が…」
ナズチ「ここよ!」
レウス「うわぁ!!」
ナズチ「あっ!ゴメン…」
レウス「もうナズっちゃん脅かすなよ…」
ナズチ「ごめんね…久しぶりに出れたから…」
レウス「んでナズっちゃん」
ナズチ「な…何ですか!///」
レウス「良モンスになるにはどうすればいい?」
ナズチ「ええっとね!///あまり、地形を改造して、自分が有利になるような闘いを止めた方が良いよ!///」
レウス「そうか!ありがとう!ナズっちゃん!」
ナズチ「レウスさんに喜んでもらえるならそれでも光栄です!」
レウス「んじゃ!またね!」
レイア「今度遊びに来るね!」
ナズチ「バイバイ!レイアさん!レウスさん!」
==============
レウス「そういや」
レイア「何?」
レウス「あの『お方』ところへ行ってないな…」
レイア「まさか…」
レウス「厄海に…」
22:2014/12/06(土)23:04:50 ID:
そんでもって地底洞窟第2エリア

レウス「狭いなぁここは、おーい、誰か居ないのかー?居たら返事してくれー!」

レイア「あのさ、あなた。」

レウス「ん?どうした?」

レイア「何かさっきから誰かの不気味な気配がするの。」

レウス「ん?そうか?誰かいるのかな?」
キョロキョロ・ω・=・ω・

レウス「誰も居ないけど?」

レイア「そう、なら良いんだけど・・・・・・」

レウス「誰かいな・・・・・・」

レイア「キャー!」

ティガ「ぬぁっ!?何者だぁ!?」

オウガ「何だ!?狭い空間を良い事に痴漢か!?」

レウス「ちょっ、おまいらいつから居たんだよ!」

レウス「まあ、いいや。レイア!どうしたんだ!?てか誰だそこの白いのは!」

レイア「この飛竜、変なんですぅ!」

フルフル「そうですわっちが変な飛竜です!あ、変な飛竜だから♪変な飛・・・・・・・・・・ってオイオイオイオイ!わっちが目が無いぐらいで変とか言うなよ!しかも痴漢じゃねぇし!天井から落ちてしまっただけだし!」

レイア「あははは!なーんだそういう事だったのー?www」

レウス・ティガ・オウガ「wwwwwwwwwwwwwww」

フルフル「ところで皆さんそろってどげんしたん?」

レウス「俺が良いモンスになる方法を聞きに来たんだ。」

フルフル「そうか!それならしょっぱなからやたらと機敏に動かずに戦って、キレた時もわっち見たく多少隙を見せると、みんなから隙が無さすぎない?とか言われずに済むよ!」

レウス「おう!ありがとうな!それと他人の妻に手ぇだすなよ?www」

フルフル「だから違うって落ちただけw」
23:2014/12/06(土)23:05:32 ID:
凍土
ブラキ「やっと着いたーっでベリオは…」

ベリオ「ひやっほおぉー空で思いっきり飛ぶのきもちいぃーー」

ブラキ(ジャンピング土下座で落としてやる)ジャーーーーーンプ!

ベリオ「イッテエエエエ邪魔するなよ」

ブラキ「話があるんだ」

ベリオ「なんだ?」

ブラキ「いまレウス糞モンスでいいアイデアを聞きに来たんだぜ」

ベリオ(はあ?レウスなんか凍土にはいないから分からんまあ適当に言っておこう)「火球ブレスを
ださない」

ブラキ「ああその手があったかじゃ原生林に戻るは」
24:2014/12/06(土)23:06:57 ID:
ラギアも聞きに行った

ラギア「あっロアルだ」

違うレウス「はっはっはっはっやっぱ空中でロアルを殺すのはいいのおぉ」

ロアル隊長「おい!部下ども!水ブレスで落とせ!」

ロアル部下1000体「アイアイサー」

違うレウス「イッテイッテ弱点水だからやめろーー!」落ちました

ロアル隊長「いまだ!スッテンコロリんで殺せーーーー!」

ロアル部下1000体「アイアイサー」

ロアル部下1000体「殺りました!」

ロアル隊長「ウムッご苦労」

ラギア「あのおーロアルさん」

ロアル隊長「何かねき…ってラギアせんぱいーー!」

ラギア「せんぱいじゃないっていつもいってるだろうが」

ラギア「それよりレウスが良モンスになる事って出来る?

ロアル隊長「んんんーーー高く飛ばないだな。いつもルドロスロアル部下がダメージを与えずに死ぬからさぁ(さっきのは弱かった)

ラギア「ありがと報告してくる」
25:2014/12/06(土)23:08:16 ID:
ラギア「ミラオスさーん」

ミラオス「やはりヌシらか」

レウス「…やはり?」

ミラオス「ボレアスから聞いておった」

レウス「なら話は早いか、俺が良モンスになるためにはどうすればいい?」

ミラオス「>>88(事故った場合>>89)とかどうではないか?」

レウス「いいな!ありがとうございます。」

89 名前: りんご飴 投稿日:2014-11-16 12:25 ID:xOcgBwm/
ゆうた無限殺し
26:2014/12/06(土)23:08:50 ID:
レウス「ゆうたか…つまり、ゆうたと戦う俺はまだ…」

レイア「落ち込まないの」

ナルガ「今まで色々なモンスターの意見を聞いて、良モンスになってきてるじゃん。」

レウス「皆…ありがとう。」

オウガ「さ、次は渓流でアオアシラとかドボルベルクに会おうぜ」

レウス「ああ。」
27:2014/12/06(土)23:10:19 ID:
戦闘街
マジオス「あのさぁ…テオ」
テオ「何だ?マジオス殿」
マジオス「正直言うと俺お前嫌いだわ…」
テオ「何故?」
マジオス「火吹くし、爆破使うし、遠距離攻撃使えるし…」
テオ「何を言う、お主こそ油や巨体を活かして攻撃出来るではないか」
マジオス「ていうかさ、今日レウス来るんだよね?」
テオ「来るであろう」
=============
レウス「お、戦闘街 初めて見たなー」
マジオス「来た」
テオ「レウス殿、お久しぶりである」
レウス「お、テオさん。んでこのでかいのは?」
テオ「この方が【MH4G】のラスボス【巨戟龍ゴグマジオス】様だ」
マジオス「宜しくな…」
レウス「お、宜しく!」
テオ「しかし我らに用とは?」
レウス「実は…」
===========
テオ「ほう、レウス殿が糞などと愚痴を言われているのか…」
マジオス「一つ思うんだけどよ…」
レウス「なんですか?」
マジオス「レウスはあまり地上に降りてきてくれないんだ」
レウス「あ、あぁ~!あ…あれね!最近降りようと思ってんだけど、今まで通りにずっと飛んでちゃうんだよね///」
マジオス「それが酷評の原因かもしれない…」
テオ「私からも、一つ言いたい」
レウス「ん?」
テオ「頭の部位破壊とかで、滞空ブレスの頻度が下がるっていうのはどうかな?」
レウス「いい提案ですね!」
テオ「おっと…ハンターが来た…レウス殿、我らは仕事がある…君を巻き込みたくない…帰りたまえ…」
レウス「ありがとう!テオさん!マジオスさん!」
マジオス「テオ頑張れよ…」
テオ「あぁ…」
28:2014/12/06(土)23:11:03 ID:
レウス「次はどうする?」

レイア「取り合えずまだ聞いていないモンスターに聞きましょう。」

ナルガ「最強の良モンスを知ってるぞ。そこに行こう。」

レウス「まじか」

ラギア「俺は兄さん(ラギ希少種)とナバルさんに聞きに行ってくる」

レウス「宜しくなラギア」

======

ラギア「…ってことなんだ。」

ナバル「レウス君本体じゃなくて、装備の性能を強化すればいいんじゃないかしら?
装備を使う人がきっと増えて、良モンスになれるわよ?」

ラギア希「俺もそう思う、あと、曖昧な弱点属性をなんとかすればいいんじゃねぇかな。」

ラギア「ありがとう兄さん達!伝えておくよ!」

====一方====

アプトノス「僕達の補食回数を減らせばいいんじゃないですか。」(これで少しは犠牲が免れるな)

別のアプトノス「あれが大きい隙なので、減らせばエリア移動でイライラするハンターも居なくなると思うんです。」(糞モンスの餌なんてやだからな)

レウス「お、おう、ありがとう」
29:2014/12/06(土)23:12:20 ID:
===一方===

ゴア「…ということだ」

アシラ「対したモンスターでもない僕が言うのもなんですが…微妙なタイミングで飛行を止める、あれ迷惑だと思うんです。」

ゴア「と言うと?」

アシラ「ここ渓流に採集しに来たハンターの会話を耳にしたんですよ。」

回想

片手「なあ聞いてくれよ。」

ガンランス「どうした?」

片手「俺、前にリオレウス狩ったじゃん?」

ガンランス「ああ、あの時はかなり苦戦してたようだが…」

片手「飛行中に閃光玉で落とそうとする時に限って、レウスが地上に降りるんだよ。」

ガンランス「それなら俺もよくある、武器をしまって閃光玉を探している時とか、気がついたら後ろから突進されるよな」

片手「わかるわかるwwマジで糞モンスだわレウスw」




アシラ「って」

ゴア「まだ評判は悪いか…ありがとう、言っておく。」

アシラ「にしてもゴアさん」

ゴア「ん?なんだ。」

アシラ「喋ってる時もなんですが…なんでそんなに距離を取るんですか?」

ゴア「俺の周りに黒い鱗粉が見えるか?
俺は目が見えないから、この鱗粉で物体を感知してるんだ、ただ、この鱗粉は触れると、恐ろしい病にかかってしまう…だから触れてはいけないのだ、絶対にっ…」

アシラ「…、おっ、お役に立てて嬉しかったです、では!」
30:2014/12/06(土)23:12:59 ID:
オウガ「どうでもいいが、次はどうする?」

ティガ「ディアブロス先輩に聞く?」

ナルガ「でも先輩、巷で糞モンス扱いされてるぞ?」

ティガ「まじかよ…砂漠の暴君とかかっこいいと思ったのにな…」

ナルガ「でも、念のため聞いてみようぜ、ほら!
先輩の糞モンス扱いの原因=レウスの糞モンス扱いの原因
かもしれねぇぜ!!」
31:2014/12/06(土)23:15:05 ID:
ディアブロスの場合

ティガ「あ、あの、ディアさん?」

ディア「ああ?なんだい、てめぇら集まりやがって」

ティガ「あの、俺たちディアさんに聞きたいことがありましてですね…」

ディア「レウスの野郎の事か?」

ティガ「あ、知っているんですね!(いつの間に広まりやがったか)では話は早「あいつのために教えるのか?」

ティガ「は、はい。そうですが…」

ディア「やだね」

ナルガ「なんでだよ!?」

ディア「あいつが糞モンス改善しちまったら、俺の人気が下がるだろ?」

ティガ「…っく…」
32:2014/12/06(土)23:15:40 ID:
ドドドドドドドド!!!

黒ディア「こらぁー!尻尾ビターん!角ばきーんっ!」

ディア「ぎゃぁぁぁぁあ角がぁぁぁあ…!バタンッ…」

黒ディア「すいませんねうちの息子(原種ディア)が…」

ティガ「あ…あぃ…(こぇぇえ)」

黒ディア「うちの息子このとおり性格が悪くて…」

ティガ「い…いや大丈夫ですよ」

黒ディア「んで、レウスさんの良モンス化についてですが…」

ティガ「あっ何かあるんですか?」

黒ディア「数日前、ここを訪れたハンターが…」

黒ディア「とりあえず後ろに回り込むワープみたいなのをやめて欲しいなぁー」

黒ディア「…っと、話していたのを耳に挟んですが…」

ティガ「おお、レウスに伝えときますね」

ティガ「ありがとございます」

黒ディア「いえいえ、レウスさんに良モンス化頑張れと伝えといてくださいね」

ティガ「はいっわかりました」

ティガ「ではまた、(キチガイダーシュッ!)」

黒ディア「あんた…いつまで寝ているのさ」

ディア「…」

黒ディア「本当めんどくさい息子だこと」
33:2014/12/06(土)23:16:06 ID:
ドスジャギィの場合

ドスジャ「何の用だ?」

レイア「かくかくしかじかしかくいすてぇきみんなだいすきぽぽのたん
と言うことで何かある?」

子分「オイラ、ハンターが怒り咆哮ブレス氏ねって言ってたの聞きました!」

別の子分「俺もです!」

ドスジャ「だとよ、用が済んだらさっさと帰りな。」

レウス「なんだよその態度は」

ドスジャ「俺よりドスランポスの方が人気あってイラついてんだよこっちみんな!!」
34:2014/12/06(土)23:20:28 ID:
109 名前: 名無しさん 投稿日:2014-11-16 18:25 ID:LYE7uUvb
あ、書き忘れてた。

今のうちに次に改善したいモンスターの名前を残してって(このスレ見てる人が少ない為あんま集まらないと思うけど(´;ω;))
110 名無しさん 投稿日:2014-11-16 18:26 ID:LYE7uUvb
因みに私はディアブロスで

112 名無しさん 投稿日:2014-11-16 18:34 ID:ZX1DCYHq??[編集・削除]
ガ…ガララ亜…

これに勝つる糞モンスはいないよ(ヾ(。・ω・)ノ

113 名無しさん 投稿日:2014-11-16 18:37 ID:QY60V2IU??[編集・削除]
テツカブラをどうにかしてくれ

114 名無しさん 投稿日:2014-11-16 18:42 ID:d4Iiwj9J
ディアに一票

115 名無しさん 投稿日:2014-11-16 18:42 ID:xOcgBwm/
マジオス

116 名無しさん 投稿日:2014-11-16 19:11 ID:m05EBdBX??[編集・削除]
ワンコ亜種
35:2014/12/06(土)23:21:15 ID:
レウス「結構糞モンス言われているやついるんだな。」

レイア「ね。」

ナルガ「そのなかでもお前は良モンス化第1号だ。
がんばって良モンス化しろよ。」

ティガ「大丈夫だ、今までの俺達の協力、無駄にすんなよ?」

オウガ「お前はモンスターハンターの顔、大空を制す者だ、今のお前なら堂々と

空の王者

と名乗れるだろう。」

レウス「ナルガ、オウガ、ティガ…」

ブラキ「俺の先輩は、誇れる存在でなきゃダメっすよ!」

ゴア「影ながら応援します」

ラギア「大海の王者は任せておけ!」

レギオス「お呼びですk「お呼びでない」

レイア(皆レウスの事、信頼しているのね…さすが私の旦那だわ。)

レイア「あと4時間30分で集計が発表されるわ、そしたら皆で孤島に集合ね」

看板モンスター一同「おう!(はい~)」
36:2014/12/06(土)23:21:40 ID:
クシャル&レウス亜「一応俺らも看板モンスなのですが…」

チャナガブル「見事にハブられてやがるぜw」

ギザミ「ドンマイやな…」

ケチャ「先輩方…あんま看板って知られてないですからね…」

ラングロ「wwwゴロゴロするのたのしいいいwww」

ラオ「てめぇかオラの上に降ってくる丸いのは」

ラングロ「ぎょぇーwwwでけぇーww」

クック亜「うるさいクンチュウに似てる奴!食べるぞ!」

ドドブラ「OPなら看板だよ((」

ガノトトス「話題にもされない影の薄い奴らの密会ですな」

ネブラ「女ハンターおいちい」

ナナテス「誰かこの破廉恥なのを処分して頂戴!」

ガブラス「シェンガオレンの味噌うめぇww」

レウス「お前ら…」
37:2014/12/06(土)23:22:29 ID:
テツカブラ「お前らも来たか」

ネルスキュラ「うん~なんてったって今夜はあれでしょ?」

ケチャ「あれとは?」

スキュラ「レウスさんの噂で、色んなモンスターが見に来てるんだよ~私はカブラから誘われて来たんだ~」

カブラ「お前はどうした?」

ケチャ「なんか騒がしかったから…それが原因立だったんだな」

スキュラ「スレ主は集計の最終チェックをするけど、騒がしくなるかな?」

カブラ「いたらいいな。」

ケチャ「fの先輩達来ないかな…」

カブラ「やめろここ(孤島)が破壊されるぞ。」
38:2014/12/06(土)23:23:10 ID:
ルコ&レビ「呼ばれた気がした」

オディバトラス「おぅ絶対呼ばれたな」

シャンティエン「呼ばれたけど行っていいものなのか…」

エスピナス「勝手にすれば…zzz」

パリアプリア「ティガとまた早食い競争できる…!」

アクラジェビア「レウスの良モンス化祝いにクリスタルを持って行こうかしら」

アクラヴァシム「賛成だ」

ノノ「久々にリオ夫婦に会いに行こうかしら」

カム「レウス元気にしてっかなぁ…」

ミド「パパ、ママ僕も連れてって~」

イナガミ「…アマツ殿とまた酒を飲みあかしたいぞ」

ガルバダオラ「クシャルとは親友だ…一度はアマツにポジを取られたと聞いたが…」

ドラ&ベルキュロス「孤島に集まるのかぁ…行きたいなぁ…ただ少し遠いよ…」

アビオルグ「イビルジョーと似てるって言われた…あのゴーヤに…」

グレンゼブル「皆聞いてくれ、俺と同じ様な頭のモンスと友達になれたぞ!」

ラヴィエンテ「孤島を絶島に変えてよろしいのか?」


ディスフロティア「孤島遠いわ…」



クシャル「…エスピナスだけは絶対に会いたくない」
39:2014/12/06(土)23:24:05 ID:
デュラガウア「黒レイアとミ・ルさんはお留守番と聞きましたが…」

クアルセプス「書いてる人にも忘れ去られるとか…」

ポカラドン「ギアオルグさんも困ってますよ」



~神域~
アルバ「f勢でもないのに忘れ去られるとか…」

アルバ「同じス○夫族のディスさんは出れるのに…」

アルバ「どう思う?画面越しの皆ぁ」

アルバ「返事が無かったらス○ちゃま本物のボッチだよ…」
40:2014/12/06(土)23:24:52 ID:
レイア「後65分程で投票終了になるわ、レスしてくれた皆さん投票はお早めに!(・ω<=☆)」

レウス「そうそう、この孤島に来てくれた皆様!もしこれで糞モンスに選ばれてもガッカリしなくて大丈夫ですよ!良いモンスになって人気になるチャンスが来たような物ですから!」

孤島に来た皆「なぁ、次は誰にチャンスが来るんだろうな?」「俺にチャンス来ないかな?」「俺も良いモンスになりたいなー。」

ティガ「ふぁぁ~・・・・・・眠くなって来た~レイアたんの尻尾枕(人間で言う膝枕)で寝ようかな~♪」

レイア「えっ?!ちょっ!?」

ティガ「良いじゃねぇーかー♪」

レイア「らめよ~らめらめ。」

レウス「ティガっ!テメェ他人の妻に手ぇ出すなよ!フルフルと同じ趣味かっ!?」

「他人の妻に手ぇ出したって良いじゃねーかー♪」

レウス「その手には乗らねぇよww」

ティガ「ちぇ~、なんて冷たくてケチな奴だよくリア充なれたなぁ」

レウス「テメッ、言いやがったなぁ!?wwwwww」

島の一同「wwwwwwwwwww」
41:2014/12/06(土)23:25:57 ID:
ナルガ「なんだこの地響きは!?」

ラヴィ「?、俺じゃねぇぞ?」

ラオ「…あいつは…」

ダラ「騒がしいと思って来てみたら…」
42:2014/12/06(土)23:26:36 ID:
ラギア「そろそろです!『リオレウス良モンス化計画最終段階』!司会はこの俺、大海の王者ラギアクルスがお送りします!!」

ボロス「解説は沼の王者ボルボロスがお送りしまーすwwww」

ティガ(よりによってあいつかよ…)

ナルガ(沼の王者とか…)

ラギア「舞台は孤島、今ここに何十、いや何百の種類のモンスターが、原種亜種希少種、さらには超大型モンスターやfのモンスターと、勢揃いしています!

てめぇらああぁあぁ盛り上がってるかあぁ!!!??」

一同「オオオオォオオオォォ!!!!」

アカム「栄えてんな」
43:2014/12/06(土)23:27:13 ID:
150 名前: 名無しさん 投稿日:2014-11-17 00:00 ID:LYE7uUvb
レウス「よしっ12時だな!
色々なモンスターに聞きに来て、集計したぜ!
悪い点から言うぞ。
・毒爪キック、超高空飛行
→廃止、または使う確率を少なく

・怒り咆哮からのブレス
→怒り咆哮からの行動をブレス以外の攻撃でランダムにする

・様々な装備で俺のレア素材要求
→レア素材の確率をもう少し高く

次はプラスした方がいい点について。

・体力を高くする

・頭の部位破壊でブレスの頻度が下がる仕様に

だそうだ。
44:2014/12/06(土)23:27:46 ID:
これを全て改善して、一度ハンター4人に立ち向かってみた。」

一同「!!!!」

ざわざわ…

ウカム「改善したのか…?」

グラビ「そっ…それで?」

ラ・ロ「どうだった?」

レウス「…捕獲されたあと、必死に逃げてきた。」

ドスギィ三人組「…」

レウス「でもいいんだ、だって

捕獲で眠りにつく直前に目にした物が、いつもよりも達成感溢れるハンターの笑顔だったから…」

一同「…

おおおおっ!!」
45:2014/12/06(土)23:28:10 ID:
「良モンスキターーーーーー(゚∀゚ 三 ゚∀゚)ー)」

「モンスターハンターはさらなる進化を遂げたか…」

「タ・マ・GO!タ・マ・GO!」

「おい変なの入ってるぞ」
46:2014/12/06(土)23:28:43 ID:
ティガ「やったな…やったなレウス!!」

ラギア「お前はもう(笑)なんてない!真の空の王者だ!」

レウス「ありがとう!!皆」

レイア「…あなた流石だわ。」チュッ

レウス「///」

ブラキ「レウスさんは最高の先輩ですよ!」

ラオ「中々じゃないか」

レウス「ありがとう…」

レイア「他のリオレウスにも先に、良モンスの秘訣教えてたんでしょ?」
タッタッタ
アシラ「みなさーん!朗報です!」

一同「?」

アシラ「レウスさんのいい噂をハンターから耳にしました!」

ロアル「まじか!?」

アシラ「部位破壊が楽しいとか、無駄なエリチェンがない、うれしーとか。」

物陰からゴア「つまり、この計画は…」

レイア「大成功よ!!」

一同「バンザアァアイ!!バンザアァアイ!!」
47:2014/12/06(土)23:29:32 ID:
ティガ「では俺から真の糞モンス発表します!」

ナルガ「かなりばらついていましたが…本当に微妙な差で決まりました!!」

アルセル「ゴクッ」

ゲネル(選ばれたらアルセル殺すわ、ストレス発散で)

ガララ亜「やっぱり跳ね返し攻撃あるし…嫌われてンのかな…」

オウガ亜「…」

マジオス「体力が高いのは特長だろう大丈夫だろ。」

ディア「楽勝楽勝wwww」


===
クルペッコ「実際に良モンスになった訳ではないけどねwwww」

レウス「てめぇの糞モンスっぷりは明確しすぎて改善の仕様がねぇわ」
48:2014/12/06(土)23:30:14 ID:
ラギア「さて!!結果は!!レギオスさんどうぞ!」

レギオス「ディアてめぇだよww」

ディア「( ゚д゚)」

レウス「なんでいるんだよレギオス。」

モノブロス「どんまい(笑)

ディア「なんでなんで!?」

レギオス「皆にバラツキがあったなか、ディアさんだけ3票と、票が集まってたんですよ♪」

黒ディア「さあ!行ってくるんだよ、一回り大きくなって帰ってきなさい!」
49:2014/12/06(土)23:31:35 ID:
コピペはここまでです!!

実際にはディアの良モンス化でスレが進んでるのですが((
50:2014/12/08(月)13:10:34 ID:
51:2015/01/04(日)22:05:53 ID:
他の良モンス化のスレもコピペするの? 今ガララ亜のスレが進行中なんですが
52:2015/01/14(水)23:51:01 ID:
>>51見てみたけど、少し荒れてるっぽいからやらない
53:2015/02/21(土)22:57:26 ID:
そしてガララ亜良モンス化のスレは消され、全ては闇の底に葬り去られたのだ…


 ゲーム

ブックマーク!このエントリーをはてなブックマークに追加

0 Comments

Leave a comment